SpringBoot便利機能 – RestTemplate(基本的な使い方)

Springから外部へのHTTPリクエストを投げる際のクライアントとしてRestTemplateという仕組みが用意されていました。
非常に便利なのでその使い方を書いていきます。

前提

まずここで作成したFORMを準備します。

追加でレスポンス用のDTOを準備します。

 

定義

RestTemplateを使うにはnewするやり方もあるようですが、カスタマイズしやすい方法で定義していきたいと思います。(newする方はやってない…)

SpringBootには依存性注入として@Autowiredというアノテーションを用意していて、これを利用すれば便利にクラスを呼び出せるようです。
一部は最初からAutowiredできるものが用意されていますが、RestTemplateは自分で定義しなければなりません。
以下のクラスを作成します。

これによってどこからも@Autowiredで呼び出せるようになりました。

リクエスト

GET

GETメソッドは上記の記述でリクエストを投げてレスポンスを受け取れます。
ResponseEntityで受け取ることで、ボディだけではなくレスポンスヘッダやHTTPステータスも受け取ることが出来ます。

POST

使うメソッドとリクエストのオブジェクトがMapからFormに変わったぐらいですね。